読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レーザーがとにかく安い♪

即座に距離が表示されました。結果はピン手前1m。ラウンドで、即使いました。

いまオススメの商品!

2017年03月23日 ランキング上位商品↑

レーザー【あす楽】 ニコン 携帯型レーザー距離計 COOLSHOT 20

詳しくはこちら b y 楽 天

手ブレしないように慣れが必要です。よく見えて距離も正確です。測定ボタン一回で8回計測されるので!その中で合わせればいいやとやると!結構うまくいきました。手振れはしょうがないか。早速ラウンドで使用。私は特別な趣味がありますので、とてもイイネ の一言です。レイザーアキュラシーより断然こちらの方が良いです。イイネ❗結構いいです。ケースが付いて持ち運びも便利そうです。高低差は計れないだけで!ラウンドには欠かせませんよ。想像していたよりもコンパクトで、またクチコミの手ぶれも気にならず、いい買い物した感じです。練習場ボールの劣化を加味しているのか。スコアが伸びるといいのですが!!!本人はとっても喜んでました。。距離が150Y越えると手振れの影響で照準を合わせるのが難しいですが、数回測って平均すれば問題ないと思います。慣れてくると横へ出すときなんかの距離もはかれて便利でした。付属ケースが軽くて壊れやすそうなので、ティーショット以外でも持ち歩いたりという使い方はしていません。今度のラウンドで使ってみます。重宝しています。実際の場面の例では!ティショットが左の林!木の枝が邪魔であるため低めに打つと!花道に止まってピンまで45ヤード!グリーンエッジ36ヤードとの表示に!やや球を上げてピンとエッジ中間点(意識は40ヤード打つ)にショット。ゴルフを始めて伸びになやんでる旦那に購入。最後に!とにかく軽いことと!他の機種よりも圧倒的に表示の文字が大きくて見やすいことも長所でしょう。しかも安くて手頃なのがまた良いですよね。。ボタンを押して直ぐに測れる優れものです。100Y以内のアプローチに役に立ちそうですがなくしたくないので。頂いて先日早速ゴルフで使用、家で遊んでいる時は結構うまく図れたのですが、いざゴルフ場となると、手振れを止めるのが難しかったです。はじめてコースで使いましたが とても良かったです。スイッチオンでセンターに対象を合わせ、同じボタンを再度押すと、三本線が出て測距開始。細かな距離を打ち分けられるほどの腕前ではないですが!距離がわかることで安心して打てます。しばらくゴルフの友になりそう‼使い方は簡単でした。購入して良かったです。それでも使った方が良いと思います。またオートパワーオフするまでの八秒間で、ピンフラッグ、バンカーエッジ、グリーンエッジなどにセンターを移すと、これらの距離を次々に表示してくれて、打つべき距離とミスした場合の許容範囲を想定することも出来るので、初めてのコースでも、グリーン周りの状況を平面的に想像することができました。尚!見えないところは測れませんから!初めてのコースならばGPSと併用も必要でしょう。結構距離のある所でも計測してくれるので、大変役に立つ機器だと思いました。ショートホールでコース表示と自分の体感距離にずれがある時にクラブ選択に役立ちます。表示も正確と思います。いいです。しかしCOOLSHOTのお蔭で解決です。レーザーは、初めて購入いたしました。小型!軽量で持ち運びやすく 測定距離も正確。久しぶりに90切り!今年はベストを更新できそうです!風のないときになかなかピンを感知できないことがありますが、それ以外はほぼ満足です。コースを回る時に前の組との距離を測るために購入。練習場でも活躍しています。より正確な距離を測りたくて購入しました。足立区の練習場で計測したら100Yより遠い目印は短く計測されました。これまでGPSタイプを使っていましたが、グリーンエッジまでの表示が、グリーンに近づくほど実感と違うように感じて使えませんでした。今までは、GPSを使っていました。。GOOD!ピンを狙って飛距離を測るのは結構難易度が高いです。。川口の練習場はほぼ表示通りでしたが!これは打席の位置にもよるかもしれません。一方でCOOLSHOT20は、打ち上げ打ち降ろしには対応していませんが、対応機種であっても、どんな弾道で打つか、風の向きや強さによって、機械表示に対する再計算が必要になるだろうと思い、それならばどれを使っても一緒だろうなどと迷った結果、価格の安いこちらのタイプにしました。操作は簡単ですぐに慣れました。これを入れてパー。